片貝町・紅葉ライブ(に近い)カメラ

  • facebook
  • twitter
  • line

ハッとするような空。忘れそうになるけど、秋はまっただ中。

一段と寒い日も増えてきました。ひと朝迎えるたびに木々の色づきも増しています。
日が暮れるたびに散る落ち葉が、次第に通学路を狭めて。子どもたちには、むしろ楽しい秋のステップでしょうか。

小学校のグラウンドに植えられたモミジやサクラが見事なので、
いつも我が家はよそに紅葉刈りに行く必要がなかったり(出不精なだけか)。

町のあちこちにある紅葉スポット。その一部の色づき具合をご確認ください。
(サンプル場所が近場ばっかりなのは、まぁそういうことです笑)

町の真ん中、忍字亭(旧佐藤佐平治翁邸)。隣接する保育園から一連の紅葉スポットに!
越路の紅葉園もいいけど、こちらも結構いいですよ。

隣りのお宅のモミジ!青葉に新鮮さ。赤や黄色が見慣れてくる頃には、良いアクセントに。

モミジ色々。

よくわからないけど、庭でばあちゃんが植えていた青い花も!

虫たちは冬眠するんでしょうか。(それ以前に短い一生なのか?)冬を越す前にしておく準備もあるんでしょうか。

もちろん、雪国で暮らす上では欠かせない”準備”は、人間の世界でもところどころで始まっています。(あせる笑)

忍字亭もバッチリ冬支度。天気の良い日ばかりでないこの季節。1日ずつ、晩秋の変化の速さを感じさせます。

 

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと