ガンプラの彼方に四尺玉が!~片貝総合文化展前夜~

  • facebook
  • twitter
  • line

11月1日 曇り時々晴れ

 

ついに   11月になってしまいましたね、、、
やっぱり11月、寒い。最近は靴下を履いたままで無いと寒くてねれないという状況でございます。

そんな寒い11月でも四季の上ではまだ秋。秋といえば?なんて質問をすれば十人十色だと思います。スポーツ?読書?食欲?芸術? 何かに力をつぎ込むことができるっていうのはいいことですよね。

ちなみに、片貝は上記の内、スポーツ・芸術に関する大きなイベントがあります。

そして、その2つのうち、芸術に関するイベント
「片貝総合文化展」が明日より2日間、片貝総合センター内各所において執り行われます。
主催は片貝公民館です。

 

片貝総合センターは片貝町公民館としての役割も兼ねています。よって、平日の日中に様々な公民館主催の教室があります。そこで手芸や、水墨画、書道や陶芸など様々な芸を町民の方は足繁く通い磨かれています。その方々の作ってきた作品の披露の場ということで民さんかなり準備から張り切っていました。

本当に様々な作品が展示されています。
中には小学生、中学生の作品展示も

ちなみに一階入ってすぐ脇の部屋では
花火玉の展示とプラモデル模型展と藤塚仏壇店さんの展示という中々異色な組み合わせで展示されています。

実は筆者、模型作りといいますか、ガンプラが大好きなもので、私の作品もお粗末ながら展示させていただいております。

中学生の頃につくったもの(大きい方)
大学時に作ったもの(丼に入っているもの)とふたつあります。

大きい方のガンプラの目線の先になんと四尺玉の模型が、、、、!
組み合わせて写真を撮ったり、勝手に一人で盛り上がっておりました。

片貝総合文化展
今日、明日で行われております。
お時間ある方、是非!

  • facebook
  • twitter
  • line

その他の日誌

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと