しばらく藁はみたく、、、ない、、、

  • facebook
  • twitter
  • line
  1. 2017年 11月7日曇り

 

こんにちは、、、咳が止まりません、、、くしゃみも止まりません、、、体がとても重いです、、、
完全に風邪をひきました。
ちなみに昨日はお仕事を休ませていただきました。
 
なぜ風邪をひいたか?
己の体調管理不足なのは間違いないところではありますが、一つあれが原因だろうなと思うのがあります。
 
それは、塞の神の準備、「とば編み」

塞の神は前にも画像で上げましたが、藁で大きな塔のようなものを作るのですが、そのために藁を縄に結んでいくといった作業をする必要があります。それが「とば編み」といいます。

11月の5日に塞の神実行委員会(片貝の町内会長により編成)の方々と一日、片貝総合センターの脇の倉庫で作業を行いました。
天気は曇り後晴れといったところでしたが、やはり気温は寒いと言った感じでした。

とば編みは5mと7mと縄にひたすら藁を編んで行くのですが、いかんせん姿勢が辛い、、、
どうやったら姿勢が楽になるか?どうやったら早く藁を編めるか、その試行錯誤の連続で

結局腰は痛むものだと割り切って後半作業していました。

だいたい1時間に一本くらいのペースでやっと完成といったところなんですが、中には30分で1本作る方も!聞くと「子供の頃やってたことを思い出す。」と

 

昔、とば編みは子どもも一緒にみんなでやっていたそうです。しかも、雪の降る中で。
それに比べれば、自分がとば編みした環境などおおいに恵まれている方ですね。
それでも、終えて、帰ってくると咳が止まらず、、、もう少し体を強くしないとですね。

今週は体に気をつかうことにします。

それでは。

  • facebook
  • twitter
  • line

その他の日誌

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと