スーパー5才児 【片貝の嫁日記♡ vol.2】

  • facebook
  • twitter
  • line

私の地元、上越市の高田では塞の神のことを“どんど焼き”と呼んでいます。由来は不明ですが、個人的には「どんどん焼こうっ!」という意味だと思っています。一緒に燃やすと「字が上手になる」と言われ、子どもの頃はよく書初めや家で練習した習字などを燃やしていました。(そのお陰か?は分かりませんが書道六段です(笑))

片貝町では成人の若者たちが町を練り歩き木遣りをあげたり、大きい蝋燭がたくさん灯っていたり、町民総出の一大イベントのように餅まきをしていてとてもびっくりしました。

私の住む二之町では今年成人の若者はいないようで代わりに来年成人の男子が何かを運ぶのをお手伝いしていました(謎の木の箱…?)

今年は“スタ場”にて新春!大ビンゴ大会!まず昼過ぎに“スタ場”に集合し、書初めをしました。

表の文字は私が書かせていただきました

 

みんなそれぞれの書初め。私が書いた 桜梅桃李(おうばいとうり)とはみんなちがうそれぞれの花を咲かせよう、という意味です。

 

書初めで疲れて手が冷え切ったので揚げ餅お雑煮を食べさせてもらいました。揚げ餅はおかきのようにカチカチのイメージでしたが、この揚げ餅はカリッじゅわぁ~で大変美味でした。あまりのおいしさに麺王ラーメンにも揚げ餅を入れてもらいました。

 

その後の昼の部の塞の神。私の地元とは規模が違い過ぎるサイズで、遠く離れていても燃えるように熱かったです。餅まきをしていて参加しましたが、おじいちゃんおばあちゃんの大迫力に圧倒されぜんぜん拾えませんでした。 (なぜあんなに早く動ける…?)怖かったので距離を取っていました。

 

頑張って拾ったお餅のなかにひとつ当たりが。ビスケットの詰め合わせが当たりました

 

スタ場に戻りインテリアコーディネート再開。オシャレな麻袋が大活躍

 

あら、かわいい。子どもたちが大八車に

 

はじめて有効活用されているところを見ました

 

サイズ高さがぴったり

 

麺王にバトンタッチ 。毎回ラーメンの味を聞いてきます

 

撮られ王

 

照れ王

 

はずかしがり屋さん

 

俺を見ろ!「ぷい」

 

新春!ビンゴ大会と大々的に書初めしておきながらビンゴの最中の写真を一枚も取っていないという痛恨のミス 。番号を読み上げてウグイス嬢をしながらもトリプルリーチに。結果は1位・2位子ども、3位現場にいないなおみちゃん\(^o^)/ こういうのは欲があると当たらないんですね~

 

見事1位を手にしたキューピーちゃんのようにかわいい5歳児じゅんたくん!全体のフォルム・髪型がジブリキャラのように完成されています。将来はジャニーズか? お兄ちゃんたちから尺玉プレゼントだそうです。今年の片貝まつりにて奉納者の最年少記録であげてください。『さかあがり、できたよ!尺玉一発。じゅんたくん5歳。』 私が考えたアナウンスです。こんなにアナウンスがたのしみな花火は他にありません 。1位おめでとうございます!

 

2位はナオミおねいさん。現実的な現金3千円のプレゼントです。打上げの時に「3千円、なにに使うの?」と聞いたらまさかのめでたい事実が…!おめでとうございまーーす!素晴らしいですねみなさん

3位も写真がありませんが、女の子にぐでたまのお玉が当たりました。たまたまぐでたまが大好きだったらしく、本気でホッ…としました。おめでとうございます!

 

桜梅桃李 。今年もよろしくお願い致します

 

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと