片貝の「誰そ彼」

  • facebook
  • twitter
  • line

2017年11月14日(火)曇り時々晴れ

タイトルであの映画がピンと来た人は鋭い。黄昏じゃないんです、「誰そ彼」をちょっと使ってみたかったんです。そう、完全に「君の名は」の影響です。

このタイトルにしたのも、今日の片貝の空がなんともいえない夕焼けだったからです。

実際にまだ勤務時間内でしたが散歩したくなりました。そこで写真を一枚。写真じゃ中々伝えられないのがもどかしいところ

散歩していたのは午後4時半を少し過ぎたあたり。もう薄暗さで目の前のものを目を凝らしてじゃないと判別できない暗さなんですね。

元々、黄昏とは夕方の頃を指しますが、黄昏は「誰そ彼」からきているといいます。

その薄暗さで目の前のよく知っている人も誰かちょっとわからない。それが語源らしいです。

日が短くなったなと思います。

それでは。

  • facebook
  • twitter
  • line

その他の日誌

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと