鍬スコ、鍬を作りに三条へ

  • facebook
  • twitter
  • line

「工場の祭典」にあわせて、クワスコのさとう・おぐりで三条へ。
鍛冶・職人の町ならではのまちづくりは、やっぱり刺激的。
念願だったものがひとつ、叶いました。
鍬をつくって100年以上という近藤製作所さんで、「小千谷型」の鍬、買っちゃいました。
各地からのオーダーに応えるうちに増えていったという鍬の種類たるや、日本全国、これだけあるとは驚きです。
鍬を溶接しているところが花火のようで、思わずテンションが上がってしまったクワスコ。お世話になりました(笑
メイン会場の「ものづくり学校」も見応えが!
見せ方のうまさが、さすが職人と商人の町。
小栗ちゃんもしばしば関心している様子。
夜は、お世話になっている新潟移住計画さんの企画にお邪魔。
会場はオープンオフィス「三条トライク」。
(本棚もいい感じですが、ここは一度是非お邪魔してみてください。)
信州上田で展開するコワーキングの取り組みをもとに、あれこれと頭を使いました。
片貝ではどうなるのかな?
という妄想をふくらませたり、しぼませたり。
よその町に行くのも、いい。
三条が面白い!というのを実感する旅になりました。

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと