雪かきテク②ボランティア

  • facebook
  • twitter
  • line

「若さがあまって」雪をかきに来てしまった東京の大学生《雪かきボランティア》

夜中に電話かと思えば、突然の相談。

「東京の大学生2人組が、雪かきを手伝いたいって言ってるんだけど、佐藤くん、川口のほうとかどう?」

「1人は片貝の子みたいなんだけど」

仕事初めのご挨拶がてら、急遽、川口一雪深い木沢集落で雪かきのボランティア。朝の早い皆さんとあって、手伝えるところはほとんど残されていなかったのですが。

「困っている人の助けになりたいと思って」

ボランティアは計画的に。でも、思いはそのままに!
片貝生まれの面白い学生さんでした。

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと