花火のかけらを拾いに

  • facebook
  • twitter
  • line

祭りの季節が過ぎた片貝には、「星のかけら」が落ちていることがあります。
「花火の玉殻ひろい」なんていうツアーが越路原でできたら面白そう!
風向きや打ち揚げ場所によって、よく落ちているポイントが毎年変わるようで、ゲーム性も。
“あの”宝徳稲荷があったり巨大ガス田があったり、意外と宝の山?な越路原で遊んでみるのも楽しそうです。

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと