1年ぶりのリベンジ 僕にとってのバレンタイン

  • facebook
  • twitter
  • line

2月14日(水)雪のち曇り

この季節、巷ではバレンタインデーと呼ばれていますね。女性が男性にチョコをプレゼントしたり、逆に男性が女性にプレゼントしたりする「逆チョコ」女性同士がチョコを渡し合う「友チョコ」自分自身でチョコを買って自分で食べるという「自己チョコ」バレンタインデーと言っても私が子どもの頃に比べるとあり方が多様化した感じがします。故に昔はドキドキしながら学校なんかに行っては誰からももらえず、すねて帰り道を歩く。なんてことはもう自分の中では起きなくなってきました。「フツーの日」と自分の中でなっていました。

さて、そんな「フツーの日」と意地を張っている私ですが、一年前に悔しい思いをしたことがあります。
それが片貝にある大判焼き屋さん「安達農場」でのエピソードでした。

一年前はまだ片貝ではなく、小千谷の方に一時期いたのですが、噂で「この時期はチョコの大判焼きを出すらしいよ」と聞きました。
安達農場さんの大判焼きはとても大きいのが特徴で普段はクリーム味とあんこ味の2種類。

大きいので一つ食べるだけでも食べごたえがあります。そんな大判焼きの中身が全部チョコだったらいいなぁと去年、妹を連れて2月14日に行ってチョコ味を注文したのですが、お店のお父さんに「ごめんねぇ~もうチョコが切れちゃったんだ~」とぼくと同じように当日行って買えないお客さんが周りにも何人カイました。残念!と思いながらクリーム味をたのんで店内で待っていると何組かサッと入ってきて、「予約していた〇〇ですが」というとお店の方が「はい!チョコ10コね~」と大きい紙袋を持ってくるんですね。大口で予約をしている方が結構多かったみたいで、内心

「だからチョコが切れたのか!!!!!」ととても悔しい思いをしました。

 

あれから一年。片貝に住み、ありとあらゆる情報収集を日頃から行ってる筆者。このチョコ味の大判焼きの情報も欠かさずに仕入れていました、お店の方から。話を聞くと「10日の午後からチョコが切れるまで」とのこと。それじゃ14にいっても売ってないわ!と去年の自分を恥じながらそこで「チョコ10コ予約お願いします」とばっちり言いました。

そして来るバレンタインデー当日。
少々具合の悪い一日でしたがチョコ味の大判焼きだけを楽しみに、いざ受け取りにいきました。そして、いざテイスティング

チョコは甘すぎず、そして惜しげもなくたっぷりと入っていました。
一年越しの「自己チョコ」正直今までの人生の中で一番記憶に残る1年越しのバレンタインデーでした。

世の男性の方々はチョコを貰うことができたでしょうか?

それでは!

 

  • facebook
  • twitter
  • line

その他の日誌

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと