「祭る」今年も始動!

  • facebook
  • twitter
  • line

3月5日(月)曇りのち雨

どうでもいいことかも知れませんが、筆者は最近「仮眠」にはまっております。
ちょっとつかれていたり、夜も予定があったりするときに仮眠をするだけで身体に蓄積されたつかれなどがリセットされて
また、動ける!という身体の感覚が気持ちいいなと思うのです。しかしながら、仮眠はあとに予定がある時、きちんと時間管理が必要です。
前置きに仮眠の話を何故したかと言うと、もちろん、仮眠で少しやらかしたからです。

今日は夜の19:30から総合センターで「祭る」の第一回打ち合わせがありました。
片貝町商工振興会青年部の方々が企画して毎年行っているイベントで、片貝の中心「忍字亭・けやき公園」にて行われます。
イベントが6月ということで、3ヶ月前から準備が始まります。鍬とスコップも2年前から参画させて頂いており、私自信もこの一年間で青年部の方々と仲の良い方が増えたので、とても楽しみに、そのあとに大体ある飲み会にも参加する気でいたため、少し休んでからいこうと思っていました。

 

もうオチは見えたと思うのですが、はい、仮眠失敗したんですね。1時間もオーバーして寝ていました。
こういうときは言い訳がましいところもあるのですが、正直に「仮眠失敗!」というと周りは少し笑っていたので、次からはもうないように気をつけたいと思います。


(この写真は、寝坊をして僕が駆けつける前の写真。)

そんな私の失敗なんて、どうでもよくて、「祭る」今年も始動しました!!
今年で9年目!ということで、今では片貝の一大イベントです!
鍬とスコップでもまた企画展をさせていただけるようです。
また、片貝の方々に来てもらえるように、色んな方々から見てもらえるようにいろいろと頭を凝らして
企画を考えていきたいと思っています!

あと、最後に大事な所、今年の「祭る」は6月の23(土)に開催が決定いたしました!

沢山の方に来てもらえるように、そして、自分たちも楽しめるように準備頑張っていきます!

それでは

  • facebook
  • twitter
  • line

その他の日誌

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと