4/1 消雪パイプの最終点検

  • facebook
  • twitter
  • line

春の水は、酒座川(さかざがわ)の雪解け水だけではありません。

一冬の路面状況を下支えした消雪パイプは最後の放水がされ、町内の役員しょが点検に回っていました。

桜のつぼみ膨らむ晴れた4月1日、スプリンクラーは誤作動したように、最後の姿を見せていました。

秋に結んだ冬囲いの縄もほどかれ。ようやく雪国にも春です。

僕は早くタイヤを交換しなくちゃです(汗

 

 

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと