道端に「スイカの名産地」

  • facebook
  • twitter
  • line

小千谷にも夏、到来。梅雨明けしたのは関東甲信。新潟県の「越」だけ忘れられているようです。

とはいえ、先週末は35度を超える猛暑日に!
ぬるいプールに浸かっているような暑さは、日本もアジアだったなと思い出すのにちょうどよい加減かも。

ところで、スイカの名産地といえば?

この町にとっては、この小粟田原(こーだっぱら)の視界良好なスイカ畑が、「スイカの名産地」です。

朝夕に片貝―小千谷を往復する勤め人ならお馴染み。
段々になったなだらかな田園とスイカ畑が両サイドいっぱいに広がる道沿い。
(戦前はここに飛行場があったのだとか。現在はスノーカイトやパラグライダーが飛ぶ日もある、風の丘に。)
車を進めていくとポツンと、空以上に青いそれが!

雪国仕様の丸車庫・スイカ直売所が見た目に涼しい、夏です。

入道雲もスイカも、日に日に大きくなってきています。

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと