42歳のお祭り・翼翔会 -半纏つくりました-

  • facebook
  • twitter
  • line

翼翔会(よくしょうかい)は片貝中学校の第45回卒業生。男女半々の約70人だ。
42歳の厄年記念行事として、9月10日の片貝まつり2日目に花火を奉納する。

事務所は浄照寺の裏手、光武会の空手道場とひと続きの空き物件。
広い、がエアコンがないため暑いようだが、3台の扇風機がフル稼働。皆さん表情は涼しげ。

壁にずらっと貼られているのは、事務所に訪れる各同級会や個人から受け取ったお祝い品の”のし紙”。
”支部回り”が始まる頃にはさらに増えているという。律儀な扇風機に煽られていた。

翼翔会会長の本田敦さん。ご本人曰く「”アツシ”はバービーボーイズと同じ漢字」。
突然の来訪にも、何杯ものビール、清酒で歓迎してもらった。

片貝まつりを一言で言うなら?とあえて質問すると、「狂ってる」との回答(笑
「だって、ちょっと上の世代まではだいぶすごかったんだから」

男の厄年と言われる”シジュウニ”。20歳のお祭りからさらに時を重ねて42歳。
人生もいろいろだ。部長や屋台部長など、働き盛りの各”部長”たちを揃えて記念行事を準備している。

片貝で42歳が特別な年齢であるのには理由がある。
それは、同級会オリジナルの半纏を作るという一大行事があるから。
以降のお祭りで身に纏う、生涯でたった1つの半纏(はんてん)を自分たちでデザインする。

「半纏が一番もめるっていうよね」
「けっこう悩んだ」

それだけ、こだわりと思い入れを歴代の同級会が背負ってきた。

「でも、手にとってみたら、いいなと思って」「うちらはそんなにもめなかったよね」

藍染の半纏を仕立てたのは、表三之町の染物屋・紺仁(こんに)さん。

「気づいた?」と襟柄に注目。斜めに走る線が4本、5本と左右で異なっていた。
第45回卒業の自分たちのナンバーを入れ込んだ。

「藍染で、しかも衿柄(えりがら)を入れたのは42だと俺らが初めてらしいよ」
他にもこだわりがたくさん。自慢の1着になっていた。

こちらは恩師に着てもらう用の翼翔会半纏。

片貝まつりに小中学校時代の担任を招待して、大人になった姿を見てもらうのが恒例に。
先生にとっても、片貝で担任になることは大きな出来事かもしれない。

本田会長の半纏さばきがかっこいい。
出来立てということもあり扱いは丁重、背筋を伸ばしてしゃっきりと着こなす。

新しい翼を手に入れたかのようだ。

翼翔会といえば、地域おこし協力隊の佐藤勇介くんのお母さんも。(似てる!)

平日はいつも数人というが、準備は順調。
「今度からは木曜休み」にして、お盆過ぎからの最盛期に備える。

冷蔵庫が強力すぎて、ビールがフローズン状態で楽しめるというハプニングも。

総務部長の品田さんも酔ってきていい感じにポーズ。
同級生からは「ドS」と呼ばれていましたが、そんなことあるんでしょうか?(笑

あと「カッパえびせんチャレンジ」という過酷なゲームが流行っていました(笑

  • facebook
  • twitter
  • line

関連する記事
関連する記事

新潟県小千谷おぢや片貝かたかい町は
世界最大の花火が打ち上がる
4000人ほどの小さな町です。

「花火のち晴れ」は、花火のふるさと“カタカイ”の日々を記録する日記のようなものです。いつもの静かな朝から、熱狂的なお祭りの夜まで。どこにでもありそうで、世界のどこにもないかもしれない、この町の姿を伝えていきます。

新潟県

片貝町

火消し

花火筒

片貝町のこと